カテゴリー「シンポジウム 」の4件の投稿

2008年10月14日 (火)

シンポジウム・写真速報

ゲストやパネリストの皆さんの集合写真です。

Wbs_2

和歌山放送・小田川さんと古都清乃さん

Wbs

.

.

.

.

.

パネルディスカッション

Wbs_3

平和勝次さんと聖川湧先生

Wbs_4

.

.

.

.

.

展示パネルのブース

Wbs_6

Wbs_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

全国<ご当地・歌謡ブルース>サミット シンポジウム・詳細決まる!

全国<ご当地・歌謡ブルース>サミット シンポジウムについて
1.目的
  街の歴史に歌謡ブルースが果たした功績や、
  歌謡史から観たご当地ソングとしての歌謡ブルースの役割を、
  歌の文化遺産として見直し、街の活性化と歌謡文化の振興に役立てる。
  今後とも全国に普及させていくベースを確立する。

2.参加
 1)有識者:聖川湧    作曲家 
               松枝忠信  スポーツニッポン新聞社/日本レコード大賞審査委員

 2)アーチスト:古都清乃「和歌山ブルース」
          平和勝次「宗右衛門町ブルース」

 3)ご当地:伊勢佐木町・ぶらくり丁・関西奄美会(島のブルース)の方々

3.シンポジウム:基調講演 10:00-11:00

 1)テーマ「ご当地・歌謡ブルースの誕生と歴史」
    作曲家・聖川湧 進行:岩喜演歌商店・岩橋和廣
 2)講演のイメージ(進行に応えるカタチで)
   歌謡史における特徴と役割を見出す。
    ①そもそもブルースは
    ②日本にやってきたブルース(戦前のブルース)
    ③ブームになった!?ご当地・歌謡ブルース
  作曲家として興味深いご当地・歌謡ブルースの解説
    ①調整中
    ②調整中
    ③和歌山ブルース  
  参考資料:2008カラオケ利用回数年間ランキング
    1位 宗右衛門町ブルース 平和勝次とダーク・ホース
    2位 新潟ブルース    美川憲一、ロス・プリモス
    3位 柳ヶ瀬ブルース   美川憲一
    http://wbs2008.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_1351.html    

      ①都市名型:新潟・東京・和歌山・和歌山・・・
      ②繁華街型:宗右衛門町・伊勢佐木町・思案橋
      ③名所型:城が崎・                           

4.特別講演 11:00-11:30
      「和歌山ブルースと作曲家・吉田正」
    オリジナル歌手・古都清乃 / 和歌山放送パーソナリティ・小田川和彦

5.パネルディスカッション 11:45-12:45
    「今に活きるご当地・歌謡ブルースの名曲10選」

  1)コーディネーター:松枝忠信 スポーツニッポン新聞社/日本レコード大賞審査委員 
                      文化庁芸術祭大衆芸能部門審査員/有線大賞実行委員

  2)パネラー:作曲家・聖川湧
        →作曲家からみたご当地・歌謡ブルース 
     大阪:「宗右衛門町ブルース」の作詞&歌手・平和勝次
        →この名曲の誕生秘話 など
     横浜:「伊勢佐木町ブルース」商店街理事・林 博
        →7年目のブルース・フェスティバルなど街興し活動について
     奄美:「島のブルース」関西奄美会・フリー活動家 萩原ちよみ 
        →在阪30年にして思ふこの曲ありがたさ・・・
    和歌山:「和歌山ブルース」WBSパーソナリティ・小田川和彦
        →地元ラジオ局と和歌山ブルース

6.パネル展示

1)"吉田正と吉田正記念オーケストラ"1階ロビーで開催中(10/01-10/31)

2)サミット展示(当日:シンポジウム会場&小ホールロビーにて/w1800各1台)
 ①和歌山ブルース歌碑プロジェクト 
 ②和歌山のご当地ソング"神保和彦・作品集"
 ③伊勢佐木町・商店街活動
 ④関西奄美会の活動

| | コメント (66) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

特別パネル展「吉田正と吉田正記念オーケストラ」の打合せ

Topmain750_5_01

.

青山のビクタースタジオ横にある吉田事務所さんで、
    http://www.yoshidatadashi.jp/index.html
特別パネル展「吉田正と吉田正記念オーケストラ」の

打合せをおこないました。

このパネル展は”吉田正音楽記念館の展示物の公開”としておりますが
そのオリジナルを管理されている吉田事務所さんにお邪魔しました。

吉田事務所の谷田郷士さんは
音楽プロデューサーの肩書きとうりビクターで桜田淳子さんらを担当されてきた方です。

谷田さんと一緒に吉田正先生の多くの資料を拝見して
次のような展示物の貸し出しの協力をいただくことになりました。

 オリジナル直筆楽譜(展示はコピーとなります)

  1.有楽町で逢いましょう 作詞:佐伯孝夫
  2.いつでも夢を       作詞:佐伯孝夫
  3.おまえに          作詞:岩谷時子

 吉田正 年譜

 アーカーブ写真週(CDRでここからパネルをおこします)
 
 ご当地・歌謡ブルース ジャケット写真

  1.大阪ブルース 作詞:なかにし礼 唄:奈美悦子
  2.高松ブルース 作詞:         唄:久保浩

 2002/吉田正記念オーケストラ・パリ公演ポスター(現物)

 以上の資料から、パネル等の展示物を作成します。
吉田メロディを通じて、昭和という時代が分かり
そして、吉田正記念オーケストラの醍醐味が伝わるような
そんなパネル展を期待してください。

特別パネル展「吉田正と吉田正記念オーケストラ」は
10月14日の全国<ご当地・歌謡ブルース>サミットにさきがけ

10月1日から、10月31日まで
和歌山県民文化会館1Fロビーにて開催いたします。
入場無料です。お楽しみにお越しください。
 
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

<ご当地・歌謡ブルース>サミット

Misc_5f1

<ご当地・歌謡ブルース>サミット

 .

.

 開催日時      20081014()   10:00-18:00(予定)

  会場       和歌山県民文化会館・大会議場 *100人収容

1.基調講演 「ご当地・歌謡ブルースの誕生と歴史」   10:00-11:00
         作曲家・聖川 湧

2.特別講演 「和歌山ブルースと作曲家・吉田正」      11:00-11:30
         オリジナル歌手・古都清乃 / 和歌山放送パーソナリティ・小田川和彦

3.パネルディスカッション                      11:45-12:45
         「今に活きるご当地・歌謡ブルースの名曲10選」               
            コーディネーター 作曲家・聖川 湧
            パネラー      レコード会社・新聞社・ご当地

4.特別パネル展「吉田正と記念オーケストラ」        10:00-18:00 
         吉田正音楽記念館の展示物の公開とCD試聴      

       
5.音楽CD検定“総合2級”取得講座               9:00-10:00
         和歌山放送カルチャーセンター

6.音楽CD検定“歌謡曲/邦楽”1級試験            13:00-14:00
         和歌山放送カルチャーセンター

| | コメント (0) | トラックバック (0)